pedalmafia blog:奥多摩トロッコ探検♪(1)

December 17, 2014

奥多摩トロッコ探検♪(1)

この日はついに!
いっつも気になってた、日原街道の鉄橋の上のトロッコ。
奥多摩工業氷川曳索鉄道の現役線の探検なのだッ!

それは、青梅線の終点の奥多摩駅に隣接する、奥多摩工業のプラントと、
日原の奥の採掘場の、約5kmを結ぶ、石灰石を運ぶトロッコなのだ。
だが、直接我々の目に触れる事が出来るのは、
トンネルの外に出る、川を渡る場所など、ほんのわずかの区間という。

鉄橋まで行けるのか?いったいどうなっているのか?!
早朝からビールを離さないバド君と、さっそく行ってみよう♪

ghfut

早朝の奥多摩駅、
さっそく現れる巨大プラントが気分を高揚させる。
昔は、隣接する奥多摩駅からプラント構内まで線路が延びており、
砕かれた石灰石は、青梅線の貨物列車で運ばれていたそうだ。
98年以降はダンプが運んでいるという。

cgh76

奥多摩駅の脇、お稲荷こみちを抜けて、

vghftuyo

青梅線をまたいで、早朝の集落を抜ける

vghlyu

お決まり、早朝ワンコに吠えられながらも高度を稼ぎます。

vbfyuo

別に悪いコトしてる訳でもないけど、なぜかドキドキするぜい♪
すると、出勤の時間かな、構内に入る作業員のうちの一人が、
「コッチは公道だから大丈夫だよ」って教えてくれました。AZS!

cgug

何用の何なのかさっぱりだけど、きっとすべてに理由があるのだろう。

vghuy

見上げればたぶん軌道の終点っぽい。ワイヤーもある。

vgvoftu

いっつも眺めてた巨大プラントの内部!

vhjfyou

構内のようだけど公道です

vghfot

興奮して写真ばかり撮ってなかなか進まないw

vbhkfyu

プラント脇を抜けて、シングルダートを少し歩くと、、

vhjygui

「あッ!」
思わず叫んでしまった、発見!
まぎれもない、トロッコだ!

vfgfyuouyt

近づいて見るとケーブルカーのようだ。

そう、これは曳索(えいさく)鉄道と呼ぶらしく、
ケーブルで繋がれた、無人のトロッコを引っ張るものらしい。

vhj67oy

思わず予想より早く到達したが、
よく日原街道から見上げていた鉄橋とは別で、
どうやら手前にも別の鉄橋があったようだ。

bhyt78p78

たまらないこのアングル!
(軌道内はもちろん立ち入り禁止、
立ち入らずにうまく撮りました)

vghfyou

しっかし夢でも見てるのか、、
トンネル内にもトロが見える

vgt87yhy

谷間を迂回して鉄橋の反対側へ回ってみよう!
下には、きれいな沢とわさび棚が広がる。

bjr6otu

反対側もヤバすぎる♪
右側のトロは石灰石を積んでいるね。

vhjgyul

すると、「詰め所に人がいるッ」隊員がそう小さく叫んだ。

一瞬木陰に腰を屈めたが、よく考えたら悪いコトをしてる訳でない、
ポケットにしまっていた熊除け用の鈴を取り出し、
あえて音を出しながら、遠くから我々の存在を知らせながら近づく。

bjsw4u5

まるで、模型の世界か、昭和時代にでも紛れ込んでしまったようだ。
萌え萌えだ♪

vhgyuoygu

「おはようございまーす」と挨拶をし、興味がある旨を伝えると、
「じゃあ撮ってあげようか」と、、
iPhoneを渡すと、快く軌道内の写真を撮ってくれました。

bvhjtyouu

「おじさん反対側もッ」
「お、おう!」パシャリ

聞けば、H26.2の大雪で日原街道が交通マヒをしたとき、
奥の住民は、このトンネルを徒歩で利用したと言う。
鉄橋も渡ったのかな、凄いな。。

vhjgy7878

子供に返った時間は、あっという間でした。
素敵すぎて興奮度MAXXXです。

vhggy7

奥多摩駅でタロウに戻ったら次の目的地へ

写真のココは、さっきの鉄橋よりもっと奥の、
いつも日原街道から見上げている鉄橋です。
保線作業員の方は、日原街道から登れるって教えてくれたケド、
コッチは実際相当ハードだと思う。今日はパス。

まだ早朝!次の探検はこの奥なのだッ♪

-----
ご参考:
http://tsunechan.web.fc2.com/19780114okutama.html
上記URLは、昭和52年と53年にココを訪れた方の日記です。
奥多摩工業に許可を取っての取材だったらしく、
当時の構内の様子など見て取れます。
マジでチェキれてる!

Posted by pedalmafia at 00:03