pedalmafia blog:K-POPPA'

November 06, 2008

こちらも芸術の秋?(爆!!

ティンスコ隊長@CEBU CITY!!
こんなの実際あったらと想像してしまい、思わず玄米茶吹き出しそうになった!! REAL MAD!!
ちなみにSMはSHOE MARTっていうフィリピンのメガモールで、
マニラのは世界一デカイ、らしい!!
しかもホントに靴屋から始めたっていうからなんというサクセス!!
セブも海がキレイで良いとこです。
それとボンバー元気ですか!!
from MADSAKI BLOG

6919c4120e15fbe861f4b7fecff36436  

Posted by pedalmafia at 02:41

August 14, 2008

NJS CRAZE!!@matsudo keirin

123456


  
Posted by pedalmafia at 06:04

August 04, 2008

世田谷ふるさと祭り@馬事公苑

二子のアマゾン展は自分も行きましたが、
うちのミニがスコールのパートで雷にビビリ始めて、
肝心のナマズはチェキれずでした。

さて日曜日は毎年恒例、馬事公苑の世田谷サマーフェスに。
グルメ系は代々木公園がワールドワイドで人気ですが、
世田谷だと駒沢でも砧でもなく、
この馬事公苑のふるさと区民祭りが個人的なクラシックです。
今年はミンミン蝉が鳴きまくる真夏日で汗だくになりながら、
北から南まで各地のふるさとブースでいただきマフィアかましつつ、
ビール流し込みすぎて腹たぷたぷで気持ちよかったです。

1
2345678910111213  
Posted by pedalmafia at 18:51

July 18, 2008

自転車ショー歌

忌野清志郎さん、リリックも映像もヤバイ!

  
Posted by pedalmafia at 13:36

July 16, 2008

SKATE VIDEO CLASSICS

skate vids from old days, still fresh!!!

neil blender circa 85


neil blender&lance mountain


jess martinez


ron chatman


natas&julian@SF


julian stranger


hosoi vs gonz from ohio skate out


hosoi from savannah slamma


mike v from public domain

  
Posted by pedalmafia at 04:26

July 08, 2008

chicano gangsta

アメリカでの10年間に及ぶ刑務所生活を通して「チカーノになった日本人」こと、
KEI氏プロデュースのドキュメンタリー映画「CHICANO GANGSTA」を観賞。
イーストLAやコンプトン、メキシコのティワナなどで
チカーノギャングたちのタフでハードなリアルライフに迫る映像は迫力ありました。
DVDが発売中なので気になる人はチェック、ですね。
今月17日には撮影に同行した写真家・名越啓介氏の写真集「CHICANO」も発売されるみたいで、
ウェッサイ好きなら是非、こちらもかなりハードです。
ちなみにKEI氏の自伝もヤバめです。

http://www.homie-japan.com/mr_kei.html

chicano
kei book



  
Posted by pedalmafia at 19:44

June 09, 2008

ACT LOCAL, THINK FOR LOCAL

自分も久々にデッキ背負って行ってきました!!
たくさんのキッズたちのピュアなエナジーに後押しされて、
なまった体でセクションに入ってみたんですが、いや〜ハードでした。

でもきっとこの中から未来のスケートスターが生まれるんだろうな。
ホントにスケーターらしい社会貢献のあり方だし、みんなでサポートするべき。
うちのクソガキも連れて今度行ってみます!
ACT LOCAL, THINK FOR LOCAL!!
親方と世田谷ローカルの皆さんにでっかいリスペクトを!!
SETAKO1SETAKO2  
Posted by pedalmafia at 21:03

May 25, 2008

bike vids lately..

i am not a hard core video watcher but these two are my favorite lately.
"tokyo flooded" made by setagaya vatos.
some gang bang shit on bicycle, setagaya holding it down



and this one from sf,

SF Track/Fixed Edit from Fonsecafilms on Vimeo.
  
Posted by pedalmafia at 04:40

May 19, 2008

速報!小堀佑介、世界タイトル獲得!!

日本チャンプになった頃から応援してる角海老ジムのプロボクサー小堀佑介が19日、
WBA世界ライト級タイトルに挑戦、ニカラグアの王者ホセ・アルファロを壮絶な打ち合いの末、
なんと3RKO勝利で見事新世界チャンピオンに!!
この階級の日本人世界チャンプはガッツさん、畑山さんに続く史上3人目の快挙!!
いやはや興奮しました。とにかくお互い一切足使わずガンガン打ち合って、
小堀も2Rにダウンをくらったけど、そこから驚異の逆転KO勝利だからハンパじゃない。
一歩も引かない熱い試合だったし、とにかく小堀くん世界一おめでとう!!

ちなみにアルファロがあのドン・キングのプロモーション所属らしく、会場にはキング本人もいて、
会見ではなぜかJBばりに「PAPA'S GOTTA BRAND NEW BAG!!」と連呼、
記者さんたちは???って感じで黒すぎるフィクサーぶりを見せつけてました(さすが)。

しかしこんな日にデジカメを忘れてしまい、
なんとか携帯で撮った小堀とキングです。。。


KOBO  
Posted by pedalmafia at 23:35

April 10, 2008

INSIDE OUTSIDE UPDATE

上映好調、今週金曜までやってます!
今日明日だけなんで是非。午後7時半からです。
映画見てからメシでも食って円山町の坂登って遊び行く、
って流れも良いんじゃないでしょうか。

ちなみに今日は有太マン氏や荏開津さんを迎えて
日本からアーティストのOEIL
オランダからZEDZを電話中継(?)で招いたトークショー。
「ポストグラフィティー」というか、そんな感じのテーマでこれもまた面白そうです。

これまでのトークショーを振り返ってみると、
日本でも数少ないエッジの効いた雑誌DUNEの編集長・林文浩氏と、
アジアを中心に不良やゲットーライフを撮り続ける写真家の名越啓介氏の対談は、
個人的に相当喰らいました。
2日目も巷で話題沸騰中のファンジン"DRAWAMOK"と"DIAMOND MAGAZINE"
プレゼンツの貴重な映像も見れてヤバかったし。BIG UPS TO KIEPH&阿満都!!

もちろんなによりこの映画、是非色んな人に観てほしい。
グラフィティーに興味がある人だけじゃなく、
この社会に何か少しでも疑問がある人ならきっと面白く観られるはずです。
ちなみに名越氏の写真集"EXCUSE ME"や"DRAWAMOK"と"DIAMOND MAGAZINE"も
物販ブースでゲットできますのでこちらもチェックしてみて下さい。

http://www.uplink.co.jp/factory/log/002535.php




inout3inout8inout2inout6inout5inout7inout1inout4


  
Posted by pedalmafia at 18:17

March 28, 2008

INSIDE OUTSIDE SHOWING

あの伝説のユニットINI、グラフ界からPHASE2、そしてGHOST、
最近ではGRAND PUBAと数々のあり得ないコラボレーションワークはもちろん、
尖りまくったNYのエッジがブリブリのファインクロージングを提供してくれる
KAPTAIN KIRK率いるNY発のEXPANSION

そのEXPANSIONが2年前に東京で行った展示会場で、
奥の方でひっそりと流されていた1本のフィルム。
これだけで分かる人がいたらかなりのHEADZですが、
"INSIDE OUTSIDE"、ようやく日本に上陸します。
BIG UP TO KIRK!! ヤバいブツ期待してまっせ!

内容は以前ここでも紹介したPARISのZEVSをはじめ、
NYCからはKR、SWOON、EARSNOT(IRAKNY)
BRASILのSAO PAULOからOS GEMEUS、PIGMEUSなどなど、
世界中で暗躍するストリートアクティビストたちを追ったドキュメンタリーです。
監督はデンマークのANDREAS JOHNSON
いつも世界中を飛び回ってカメラを回してる人で、
新しい作品もガンガン仕込んでるから
彼の名前は覚えておいて絶対損はないはず!!

DVD発売は夏ごろを予定してますが、
それに先がけて4月5日から渋谷UPLINKで1週間の特別上映があります。
興味ある人は是非↓↓↓↓
http://www.uplink.co.jp/factory/log/002535.php




INSIDE OUTSIDE
Director:ANDREAS JOHNSEN(http://rosforth.com/)
Featuring:ZEVS from Paris
SWOON / KR / EARSNOT from New York City
RON ENGLISH from Jersey City
OS GEMEOS / PIGMEUS from São Paulo
ADAMS & ITSO from Stockholm & Copenhagen

「人々は誇大広告のもたらす潜在的な影響力に気づいていない。僕は赤いスプレーで広告モデルたちを『殺す』ことで、広告の力を剥奪するんだ」。ヒョウ柄のストッキングを頭から被ったパリのZEVSは、消費社会の象徴とも言うべき街に溢れた広告たちを、たった1本の赤いスプレーを使って徹底的に殺す。そして「相手の力を利用し、最低限の力で敵を倒す合気道からヒントを得た」と、その行為を"VISUAL ATTACK"と言い放つ。
 また、ニューヨークの女性アーティストSWOONは、危険を侵しながらもストリートで活動することについてこう語る。「セキュリティを与えてくれるあらゆる物は居心地が良いかもしれないけど、結果的には自分たちを束縛することにつながるの」「ストリートは学校や官僚的な価値観を問われない自由な場所で街の壁は誰もが表現できる掲示板のようなもの。現実とはほど遠い誇大広告が溢れるこの街の風景を少しでも豊かにしたい、だから私は等身大の一般庶民たちの姿を描く」
 そのほか廃材を使ってあらゆる場所に住みかを作り、「消費すること」を拒否しながら自らが生きることで現代社会へ強烈なメッセージを発信する北欧のADAM&ITSO、ニューヨークからはオリジナルインク"KRINK"を開発し、街中に大量のドリップを垂らし続けるKR、RIVINGTONストリートの悪ガキEARSNOT(IRAKNY)。サンパウロからは高層ビルのトップにタグを残し続ける行為を都市のロッククライミングと言い切るPIGMEUSをはじめ、もはやブラジルを代表するアーティストとなったOS GEMEOSほか、カメラはアメリカ、ヨーロッパ、南米で活動するさまざまな路上のアーティストたちを追いかけ、また彼らの活動を通して我々が暮らすこの社会の「歪み」を考えていく。
 
コメント:
美しい編集とサウンドトラックが際だつ映像表現で、テンポ良く世界中のグラフィティーシーンを見せてくれる。ユーモアに溢れたキャラクターたちだが、中には本気で狂ってる奴もいる。世界で最もハードコアなボマーたちと最も革新的なストリートアーティストたちの素顔を映し出す素晴らしい作品。(HENRY CHALFANT / STYLE WARS)

最後までこのドキュメンタリーを楽しんだ。いま現在、最も突き抜けているストリートアーティストたちを誠実な方法で描いている。あらゆるタイプのライターやアーティストがいることに、そして国によってその活動が大きく違うことにも驚いた。このフィルムに出演している多くのアーティストたちを個人的にも知っているし、みな大好きなアーティストたちばかり。彼らはグラフィティーアートのトラディションに縛られることなく自由に表現し、そしてそれをとても羨ましく思う。彼らのようにもう一度街に出たいと思うことはもちろんあるが、今の自分にはそのリスクの代償は大きすぎるし、そのこともこのフィルムを観れば分かるはずだ。政治の世界では彼らのようなアーティストが国を脅かす存在と認識され、彼らがシステムに組み込まれてしまうとしたら、それはとても悲しいことだと思う。このフィルムを観ていま一度、自分自身の活動さえも考え直させられた。(CARLOS "MARE 139" RODRIGUEZ)




  
Posted by pedalmafia at 10:00

March 24, 2008

ANTONIO NEGRI

そうかそうなのか、俺もチェーンリングでもチェックしてみるか、
なんてのんきに思っていた矢先に衝撃のニュースが……

今月に予定されていたイタリアの哲学者、アントニオ・ネグリ氏の待望の初来日が、
なんと突然中止になったとのこと。

ネグリ氏は1960年代から一貫して反体制、反システムを貫き、
世界の言論シーンに大きな影響を与えてきた今なお反骨スピリット溢れる偉大な知識人。
民衆の視点、つまりストリートレベルから常に権力に反抗し、
言ってみればバビロンとの闘争に人生を捧げたアクティビストであり革命家であり、
そして多くの哲学・思想家からも圧倒的なリスペクトを受ける世界的な知の巨人でもある。
そんなネグリ氏が日本を訪れ、いま何を憂い、何を語るのか。
月末に予定されていた上野・芸大での講演は、
個人的にもマストだったため非常に残念でしょうがない。
上野までチャリでも流して、がっつりアジられてこようと思ってたのに……。

しかも中止の理由を聞いてガックリ来た。
なんと7月に洞爺湖サミットを控えた日本政府からネグリ氏来日に横やりが入ったらしい。
ネグリ氏の投獄経験を理由に来日直前に法務省から「ビザを申請しろ」と要請があり、
その手続きをクリアする時間は当然なく来日の日程を実現するのが困難になったそうだ。
しかもこの規定は本来政治犯には適用外なはずなのに、だ。

ネグリ氏はかなり高齢だし来日のチャンスはもうないかもしれないと思うと、
この歴史的なイベントをぶっ潰したわが国政府の厚顔無恥っぷりには、
同じ国の住人として情けないというか、空いた口がふさがりまへん。
一応芸大ではネグリ氏抜きでイベント自体は決行するらしいですが、とにかく残念。
この決断を下したどこぞのお馬鹿な役人には極太の中指を!

アントニオ・ネグリ
http://www.negritokyo.org/geidai/antonio-negri/
来日中止の報告
http://www.negritokyo.org/geidai/negri-at-geidai/unjustly-suppressed/

negri2


  
Posted by pedalmafia at 06:07

March 07, 2008

ZEVS FROM PARIS

パリ日記なかなか面白かったですね。
別にパリつながりというわけじゃないんですが、
最近気になってるアーティストがパリ出身のZEVS(ゼウス)。

BANKSYをはじめヨーロッパのストリートアーティストたちは、
アメリカで始まったこのカルチャーを本国とは少し異なるエッジで表現していて、
言うならばソーシャルテロリストというかバンダルアクティビスト、
自分の名をストリートに残すだけでなく、
現代社会への反抗や怒りが彼らの活動の根源にあるんでしょう。

無料で誰もが観賞できる路上のアートフォームは考えようによっては、
とてつもなく影響力のあるメディアになりえるし、
まあだからこそ消費社会を象徴する下らない広告も街には溢れていて、
こちらは好き嫌い問わずいつのまにかそれに洗脳されていたりもするのですが。

特にヨーロッパは封建制度がいまだ色濃く残る社会だし、
そういうヨーロッパ特有のバックグラウンドが
社会派のアーティストたちを生み出す要因にもなってるのかな。

で、このZEVS。
ヒョウ柄のパンストを頭からかぶり、
オリジナルの黄色いトラックスーツ(スニーカーまである!!)
に身を包んだ装いからしてすでに危ない!!
ポストBANKSYじゃないけど、とにかくかなり過激なことやってます。










  
Posted by pedalmafia at 17:11

February 15, 2008

MONSTERTRACK 9 ON MARCH 8!!

極寒のNYで行われる超ハードコアなアレーキャット!!
今年もやるらしい!!

www.callejeronyc.com

NY産マグロのヤバスギルスキル!!



mt9  
Posted by pedalmafia at 03:43

February 10, 2008

BAST & Judith Supine "Booby Trap"

各地で話題になってたBANKSYのササビー出品、
ステンシルのペイントに5000万円近くの値が付いたらしい・・・
すでに総額軽く1億超えだって。。
注目のダミアン・ハーストをパロったピースは一体いくらで落ちるんだろう。
それにしてもサザビーがあのBANKSYを扱うこと自体もすごいし、
ステンシルにそんな金額が付いちゃうって、ストリートアートバブルってこと? 
それともこんな結果を見すえたシニカルなBANKSYの策略だったりして??

話は全然変わって最近NYからBASTとJudith Supineのコンビが
ロンドンに遠征してやったショー"Booby Trap" が個人的にヤバかった。
BASTのこの感じがかなりツボですな。

http://www.supertouchblog.com/
http://flickr.com/photos/eddiedangerous/sets/72157603790506641/

bast8bast3bast6bast4bast2bast1bast10bast5
  
Posted by pedalmafia at 06:11